医療脱毛の脱毛方法とは?

脱毛サロンでの脱毛方法は主に光脱毛ですが、医療機関での脱毛方法には2種類あります。永久脱毛といわれる絶縁針脱毛と、レーザー脱毛です。永久脱毛は、絶縁針を使うことによって、確実に毛乳頭を破壊する強い電力出力で脱毛していきます。具体的には、毛の生えている向きに沿って絶縁針を毛穴に差し込み、電気を通すことで、毛の生える元ともいえる毛乳頭を破壊し、毛の再生を阻止する方法です。一度脱毛した毛穴はその後は脱毛の必要はありません。この方法は発見されて利用されてからすでに130年以上たつ脱毛方法ですが、毛乳頭以外の皮膚部分に当たると、脱毛効果がないどころか、痛くて火傷したりしますので、施術する人には高度な技術力が求められます。もう一つはレーザー脱毛です。脱毛したい部分にレーザーを照射すると、毛根にあるメラニン色素に反応してレーザーの熱が周囲に伝わり、毛の根っこ部分の毛母細胞を破壊する脱毛方法です。

医療脱毛のメリットとは?

絶縁針脱毛は、毛穴を一つずつ施術していくので、脱毛したい範囲や本数によってはかなり時間がかかる、針を刺して通電するという方法上多少の痛みは伴う、施術料金が高い、などのデメリットもありますが、毛根への破壊力を考えれば、光脱毛やレーザー脱毛と違って、確実に永久脱毛できる安心さがあります。また、色の薄い産毛や白髪や、黒子やシミ部分から生えている毛も、タトゥーを施している肌にも施術できるなど、絶縁針ならではのメリットがあります。レーザー脱毛は、特定の色にのみ反応するというレーザーの特質を生かした脱毛なので、他の皮膚組織にダメージを与えずに脱毛できます。脱毛サロンの光脱毛器と比べると、出力パワーが強いので、肌への負担はそれなりにあって、輪ゴムではじかれるような痛みはありますが、一度の脱毛処理での毛根への影響力は光脱毛に比べると格段に大きいので、トータルで脱毛に通う回数が少なくてすむというメリットがあります。